So-net無料ブログ作成
検索選択

Adobe AIR関連技術 [AIR]

さて、Adobe AIRのアプリケーションの作成はいいんですが、出てくる用語と言うか、基礎技術のことがさっぱりわかってません。まず、Flexって何?と言うところから始まるんですが、Adobeのページでは、なんかいいドキュメントがないですねぇ。リンクをたどっていくと「Getting Started with Flex 3」と言うドキュメントがありました。なんか、こう全体の構成と言うか、概要がわかるものが欲しいんですけどね・・。

Flexについて、Wikipediaがうまくまとめられていますね。さすがです。こちらによると、アプリケーションの統合環境とSDKで、デザインはMXML、プログラムはActionScriptを利用するとのこと。AIRはFlash/Flex/WebKitを採用してデスクトップアプリケーションを開発するためのランタイムライブラリだとか。前回作ったプロジェクトはFlexを採用したものになるんですかね・・。

MXMLは「Macromedia Flex Markup Language」だそうです。「X」は「Flex」の「X」でしたか。と、まあ関係ないんですが、Flexのプレゼンテーションを記述するXMLだとのこと。「プレゼンテーション」って、画面の構成だけじゃないんですかね・・? まだ、謎です。でも、これは自分で編集することはなさげですね。

で、プログラム言語はActionScriptだとのこと。名前は知ってますが、中身は知りません。JavaScriptとほぼ同様のプログラミング言語を内包しているらしいです。

先程のドキュメントが置いているページの下の方にある「Comparing Flash, Flex, Flash Player and Adobe AIR」と言うビデオも簡潔にまとめられていました。FlexとAIRの部分だけを言うと、FlexはMXML、ActionScriptを用いるアプリケーションのフレームワークの様です。これは実行環境は問いません。そして、AIRがそのFlexで作成されたアプリケーションのデスクトップ上での実行環境になる様です。ま、なんとなく関係はわかりましたかね。


概要といえば、こんなもんなんですかね?? グダグダ言わずに、とりあえず作れと言うことかな・・?


と言うことで、今年4月から始めたこのブログですが、とりたてて何の成果も上げないまま今年が終わってしまいました。ま、来年もこのような調子で行くと思われますが、よろしくお願いします。


【参考】
Flex用Adobe AIRデベロッパーセンター
Flex デベロッパーセンター
Flex Video Training - ADOBE DEVELOPER CONNECTION
Adobe Flex - ウィキペディア

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。